デジタル化で生産性向上や難問課題を克服する!

政府は景気回復を実現する為に最低賃金を1000円に引き上げる案を推進しています。
しかし中小企業は付加価値(生産性)が低く労働分配率が高いので難しいのが現状です。
また週休3日制などの働き方改革の促進、デジタル化、高度通信社会への対応など難問課題は山積みです。

人件費と生産性は連動しています。生産性を上げれば付加価値が増加し賃上げが可能になります。

生産性=付加価値
人件費=付加価値×労働分配率

生産性を上げるには、デジタル化で生産の3要素である原材料生産性、設備生産性、労働生産性をそれぞれ集計と分析を行い対策を実行します。さらに工場のデジタル化の果実で、生産性の向上、働き方改革、デジタル社会に順応した未来を受けとりましょう。

Factory’s Laboratory TOPpage