日本の終焉

日本はもう終わった。

金融緩和だけでは景気の回復は出来ない。
中央銀行の国債買入れやELTなどの金融緩和政策は日本だけである。
ハイパーインフレや国力低下のリスクが大きく出来ないのだ。

賃金が安く購買力が低いから、デフレからの脱却が出来ない。
賃金を上げる政策が必要なのに何もない。
経営者は目先の利益、それも自分の利益しか考えなくなった。

皆、このまま金融緩和を続けてはリスクが緊急事態になる事を知っている。
そして出口戦略は景気回復が前提だという。

しかし無策だから景気を回復できない。

これでは永遠に金融緩和を止める事が出来ない。

日本ずっとは外国投資家の餌食になっていく。

 

まだ遅くは無い。

会社を変え、社会を変えるのは今だ。