中小企業の再編

デービット・アトキンソンの説では、日本経済の停滞は生産性の低い中小企業が
多すぎる事が原因だそうです。

政府は生産性の低い中小企業を、統合または中堅企業に吸収させる事で規模を
拡大し、生産性の向上と収益の確保を狙っています。この為に、中小企業法を
改正し小規模企業に手厚い支援から政策変更を行い、中堅企業が統合(M&A)
し易くするものと思われます。

(中小企業庁 中小企業の経営資源集約化等に関する検討会)
(中小企業庁 中小企業のデータ活用に関する検討会)
(内閣府    EBPMの取り組み)

Factory’s Laboratory TOPpage