コロナ禍が過ぎた後のIndustrie4.0が実現する日本の未来

デジタルとIndustrie4.0が実現する日本の未来

コロナ禍が過ぎた後の日本の製造業の姿を考えて見みました。
デジタル社会へ向けて加速し生産総量の配分へと広がると思われます。

そして、ドイツが世界の先端として提唱するindutre4.0を日本で導入していくと、ダイナミックセル生産で工場のラインが変わり、スマート生産で計画や生産体系そのものが変わります。

スマート工場

日本中の工場の「工程」や「設備」をインターネットでフレキシブルに接続し、ローカルエリアを一つの工場と見なして、工場という閉鎖的な考えを開放します。
そして、設備の稼働状況をIoTで収集し生産計画や生産指示はローカルエリア全体で実行する。
例えば、A工場のA設備はフル稼動しているがB工場のB設備には余裕がある。これをセンターが計算し自動的にB工場のB設備に指示を出す。
このように無駄を省き日本の生産能力の分配を行い国力を高めます。

ドイツは国中で実行する計画ですが日本では企業城下町が形成されています。
まず第一段階として○○工業団地といったローカルエリアでスマート工場が発展していくものと考えられるます。
その後、日本中に広がっていくでしょう。

工場のデジタル化とDX化