製造業の構造的問題

日本の製造業は、殆どが中小企業で部品供給(サプライヤー)という形態です。

また日本ではバイヤーが強く、サプライヤーは価格交渉が苦手です。

それは、IT化の遅れで双方に論理的で正しい価格設定が出来ないからです。

価格設定が出来ず低い価格で提供している事が、中小製造業の生産性

が低い原因となっています。