工程スケジュール管理ツール

まだ、
Excelで日程計画を作成してますか?

.

日程計画表の作成は管理担当者にとってとても大変な作業です。システムで効率化を図りたいところですが、スケジューラソフトは高額でしかも条件設定が難しく簡単には導入ができません。多くの工場ではEXCELを駆使して受注集計や作業表並びに日程計画のガントチャートを作成しているのが実態ではないでしょうか。

.

.

「がんすけ」との双方向連携で日程計画が作成できます。

簡易スケジューラ「がんすけ」との双方向連携を行い最適な作業指示を作成します。Excelの受注一覧表を取込み「がんすけ」で日程計画を作成します。この変更データを工程管理ツールに戻し作業指示書を発行します。

.

生産管理ソフトが無くても作業指示書が作成できます。

多くの製造業では販売管理システムを使用していました。受注出荷や発注仕入れだけならこれで充分に運用できますが、これでは製造現場に対し具体的な作業指示を出す事ができません。
工程管理ツールには所要量展開の機能もあり、生産管理システムが無くても受注から作業指示書の発行や受注/作業指示一覧の照会が出来ます。

.

.


工程スケジュール管理ツール

.

「工程スケジュール管理ツール」はExcelデータを基本としているので手軽に作業工程のスケジュール管理が出来ます。
ガントチャートで作成・変更した内容を作業指示に反映することもできます。
また、品番マスタと部品表及び所要量計算機能も装備していますので、Excelの受注一覧から所要量展開を行い、子部品を含めて工程別作業データを作成する事も出来ます。

.

.

工程管理ツールの特長!

1.受注入力又はExcelの受注表から所要量を展開して作業指示書とガントチャートを作成します。
2.現在使用中の生産管理システムと連携して工程管理ができます。
3.作業実績をインポートすれば、工程カントチャートで予実管理が出来ます。
4.工程ガントチャートで修正した内容を、作業一覧や作業指示書に反映します。
5.一覧表などの帳票や作業指示書を発行します。
*「がんすけ」はシェアウェアの簡易スケジューラです。自動最適割付などの機能はありませんが手軽にガントチャートの作成ができます。 がんすけのリンク

.

工程スケジュール管理ツールで出来る事

1.受注一覧表から工程別に作業一覧を作成できます。
2.受注一覧表から作業指示書が作成できます。
3.受注一覧表からガントチャートを作成し工程スケジュールの変更ができます。
4.変更した工程スケジュールを作業一覧に戻し変更ができます。
5.変更した作業一覧から作業指示書が発行できます。

工程スケジュール管理ツールの機能一覧

1)入力機能
品番別納期インポート ・・ 受注情報をインポートします。
作業指示インポート   ・・ 作業予定と作業実績データをインポートします。
バックアップからの戻し・・インポート時に作成したバックアップデータを戻します。
受注入力所要量展開

2)がんすけとCSVで受渡し
CSV出力        ・・・がんすけに渡すデータを作成します。
CSVインポート     ・・・がんすけで変更したデータを戻します。

3)帳票出力
作業指示書       ・・・・作業指示書を発行します。
品番別納期一覧    ・・・・受注情報の着手日と納期を一覧で表示しCSV出力します。
工程別作業一覧    ・・・・工程別の作業情報を着手日と納期を一覧で表示しCSV出力します。
部品構成表       ・・・・品番別の部品構成と標準原価を表示しCSV出力します。

4)マスタ登録
製品マスタ        ・・・・製品の情報(品番、品名、受注価格・・等)を登録します。
生産マスタ        ・・・・生産の情報(作業場所、仕入先、工程、設備、サイクルタイム・・等)を登録します。
結合展開マスタ     ・・・・部品表を作成します。
会社マスタ        ・・・・得意先、作業場所、仕入先を登録します。
設備マスタ        ・・・・設備情報を登録します。
工程マスタ        ・・・・工程情報を登録します。