工場のデジタル化とDX化

DX(デジラルトランスフォーメーション)

DXとはデジタルデータとICT、Iot、Aiなどのデジタル技術を活用して企業や組織が変化する事です。

・海外ではDXによる企業改革が進んでいます。

・日本ではIT化やデジタル化の遅れと共に、DX後進国であると問題視されています。

・経済産業省がDXの推進ガイドラインを発表し推進しています。

・日本そのものがデジタルデータによるエビデンスで変化しようとしています。

なぜIT化やDX化を推進するのでしょうか

・全ての分野でデジタル化が広がっています。

・社会全体がデジタル化によるスピードアップを求められています。

・消費活動の多様化と変化に対応する必要があります。

・それには今までのシステムや方法に限界があります。

言い換えれば、デジタル社会という土壌に、多様化に対応した作物を、早急に品種改良して収穫する必要が出てきました。
そしてこれが生き残るキーワードになっています。

ITや通信技術が仕事や生活を変える。

5Gは10G/Secで6Gは100G/Secと言われています。これが一挙にデジタル社会を推し進めていきます。企業は働き方改革に加えて、この流れに対応していかなければいけません。
では、デジタル化の未来はどうなるでしょうか。

御社は対応ができますか。

デジタル社会(5G6G)に順応した工場に変貌

デジタル社会に順応した工場(社会)に変貌